ひとりぐらしの中の中で。

家計簿日記。好きなこと。備忘録。ゆるく。気まぐれに。

1ヶ月の食費1万2000円計画

7月は現金が尽きて、クレジット生活してました。

クレジット明細を、見返してみると食費は7/1~7/20まで14806円でした。

なのでだいたい1ヶ月約2万円ほどでしょうか。基本外食はしてません。マックはたまに行ってました。笑

もう少し、食費を減らして別のことにお金を使いたいなぁと思い、本などを参考にしてやってみることにしました。

 

1ヶ月食費1万2000円生活。

 

8月から始めます。

 

 

決めごとリスト

  • 1週間3000円
  • 2~3日スーパーへ行くとして一回につき使う予算は1000円に収めるようにする
  • ゲーム感覚で楽しむ
  • ご飯に炊き方を凝る。美味しくたける方法を本を読んだりして学ぶ、マスターする
  • 基本一汁一菜の食事をする
  • 食材選びを楽しむ

まだ食べたことない野菜だったり、いつもと違う製品をえらんでみるとか。

最近だと、えのきは普段食べるけど、茶色い名前も知らないきのこを買ってみました。

それだけでなんだか新鮮でしたし、食事も満足感がありました。

あと煮大豆をサラダにいれて食べたら美味しかった。

お握りにふりかけを混ぜてつくってる最中にふと残ってた煮大豆を入れたら美味しいんじゃないかと思い、一緒にいれて食べたら美味しかった。

  • 食べたことがあるものよりも食べたことないものを買ってみる。
  • 現金で管理する

楽天カードを使うか、現金で管理するか。

7月はすべてがほぼカード払いでした。一回クレジット使えないスーパーで品選びしたあとにやっちまったけれど、クレジットってあんなに楽なんだなーと思いました。私がよく行くスーパーは、セルフレジになってるのでカード入れたらレシートがすぐに出てお買い物終了。すげっっっってなりました最初の頃。笑

便利を選ぶか、不便をあえて選ぶかですね。クレジットで買うと楽天ポイントがつくというメリットがありますが、だからといって予算の把握が曖昧になる確率が高い。こりゃ7月ずっとクレジット生活して思った。私は計算とかが苦手なので、現金で視覚化して残金が明確に感じられる方が気が引き締まるかもしれない。

ということで、8月は現金で管理してることにします。

  •  モチベーションをあげるために、毎回料理の写真をとるようにする。スマホメモのライフログにてきろく。
  • そしたら盛り付けも意識するか一石二鳥
  •  経過報告をブログに綴る(かも)

 

追記。

25日に初の給料が出て(ウェーイってなったのは束の間)、色々支払いを済ましたらギリギリ。こりゃ8月もクレジットカード生活ですわ。現金は持っておかないと、ピンチっっって7月の時になってたので、郵便とか、コインランドリーとか。

なので、残りの現金はカード使えないところのために置いておこうと思います。7月の明細を踏まえて、逆に意識して利用する作戦!ってことにします。笑

 

あ、ブログで家計簿を付けるの続かなかったな。ま、いっか。笑

相変わらずここでは生活のことを、生活の中の中を記録していきたいなぁと曖昧に適当に思っています。ブレブレですが、好きに書いていきます。

 

そういえば、このブログのタイトル

”ひとりぐらしの中の中で”

にしたのは

前にユーチューブで聴いてハマったこのバンドの曲の歌詞

 の影響です。えへへ。

”暮らしの中の中で”

って言葉の感じがすきで拝借しました。笑

 

一度聞いたら当分頭のなかでリピートするよ。

 

*

 

私は私

という言葉がすごく好きというか、私は私

って思わせてくれる本や音楽に救われ支えられる私の心と身体です。

 

*

 

 

最近特に気に入った既読本list

自分再起動

自分再起動

 

 これ読んで、またブログ書くかなと思ってみて書いてる。クーラーの効いた図書館で学生っぽい若者が勉強している中、私は勉強するわけじゃなく、自分を再起動させるためにこの本を参考にしながらペンを走らせておりました。笑

 

新装 ぼくを探しに

新装 ぼくを探しに

 

これは涙腺がふいに緩んで、そんな自分にびっくりしました。

求めていた感覚を、拾われたような感覚でした。この本は買って手元においてもいいんじゃないかと思った。姉にも一応勧めておいた。 

 

魂の退社

魂の退社

 

すんごく、参考になった。似てないけど、共鳴する箇所が所々あって、面白かったです。他の本も読みたい。つながること。オープンマインド。私は会社勤めやら就職をするやらの価値観がないとゆうかわからなかったけど、そうゆう部分を知れて、覗けて、やっぱ本って面白い。エッセイって面白いです。

 

 

小さな巣をつくるように暮らすこと

小さな巣をつくるように暮らすこと

 

 この本、前にアマゾンで欲しいものリストに入れていたの。そのことすら忘れてたのに本棚見ていたら見つけて、フィーリング!嬉しくて即手元にいれました。素敵だった。リネンのシーツ。カゴバッグ。木の家具。お米の炊き方。

今部屋づくりについて暇があれば考えて実行に移してる最中だから、とても参考になった。

”小さな巣をつくるように暮らすこと”

っていう本のタイトルがすきだわ〜。私もそんなん風に暮らしたい、と思ったり。

 

 

めっちゃ感化された。とにかくやる。やると決める。決めたのは自分だから文句も言い訳もしない。本音で生きたいものです。いや、私も生きます。 ( !! )

 

....にしても。ネットで図書館ホームページで検索して予約して借りるとすんごいね。本当に借りれたーすごー便利ーーーーってなった。笑

それを知ったのは、私が上京して一人暮らしを決心する実家にいた期間に知り読んだ大原扁理さんの本のおかげ。

20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

 

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

 ところで、この本買って読んで姉に貸したかなんかしてたのだけど、上京するにあったってもう一度読もう、持って行こうと思ったらなくなったのよ。探しても見つからない。。。なぜだ。どこへ行ったんだー。もう読み込んだがらもう、必要ないよってことだったのだろうか。そうゆうメルヘンちっくな出来事にしておくとするか。笑

 

ちゃんちゃん。