シオンヌニッキ。

暮らしの中でのコトとか、レビューとか買いていこうかなぁ。

無職、休職中だからこそ出会った本

わたくし絶賛求職中でございます。

 

いまは一つのバイトの合否待ちと派遣の単発のバイトをやってみようかと登録したり、相変わらず迷走中ですが、前向きにできることを見つけて、過ごしております。

 

無職になったり、休職中だととても不安に駆られるもんです。

そんな時だからこそ手に取ったんだろうなぁ、出会えた本を紹介してみようと思います。

 

 

あたらしい無職 (SERIES3/4 2)

あたらしい無職 (SERIES3/4 2)

 

出版業界で働いている人の本。題名が気になって借りてみたら、面白かったです。 

 

 

 

 

 

失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで

失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで

 

 まさしく今の私ではないか!っちゅう題名で借りてみた。

国からお金を借りれることなんて知らなかったし、生活保護もあんまりわかってなかったけどこれを読んで少しわかったし、不安が紛れた。

 

 

 休職中だと、お金の問題もだし、精神的に不安定になるけれど、自分と向き合える時間になるし、図書館通いに精をだしていろんな人のエッセイとか小説とか読んでみたり、家じゅうのモノを見つめて手放してもいい物で売れそうなものを片っ端からフリマアプリとかで売ってみたり。笑

 

まぁ、どうにか生きていけるんだなぁ。とお金が底をつく寸前なのに

なぜか能天気に過ごしているのでありました。

 

 でもそれは頼み込めば、家族にお金を貸してもらえるであろうという安心感があるからなので、家族には感謝ですな。